正しい使い方

育毛シャンプーの正しい使い方

育毛シャンプーの効果を最大限に発揮させるためにはその使い方にも気を配る必要があります。
たとえ効果の高い育毛シャンプーを使用している場合であってもその使い方が間違っていればその効果を実感することは難しくなりますし、洗髪の方法自体が間違っている場合はただ洗髪を行うだけで髪にダメージを与えてしまうことにもなりかねないので正しい髪の洗い方というのもあわせて覚えるようにしましょう。
育毛シャンプーを使用する場合はシャンプーを髪につける際にも気をつけることがあります。

それはまず手のひらでシャンプーをあわ立ててから髪につけるということです。
シャンプーを使用する場合であってもそれは同じで、髪に直接つけるのではなくて、まず手のひらで十分にあわ立ててあげることでシャンプーが髪になじみ易くなりますし、髪に加わる刺激も少なくなりますので髪に無駄なダメージを与えることもなくなります。
手のひらで十分にシャンプーをあわ立てたら、それを髪全体になじませていきます。

実際に洗髪する際にはシャンプーがしっかりと髪全体に付着しているかどうかをチェックして、指先を一定に大きく動かし髪全体にシャンプーをなじませましょう。
シャンプーが髪になじみにくいという場合は、髪に汚れなどが付着している可能性がありますので事前にお湯で流しておくなどすればよくなじむようになりますし、育毛シャンプーであっても汚れを残すことなく洗い上げることが可能になるので覚えておきましょう。
髪を洗う時に気をつけなくてはならないのは、髪を洗うのではなく頭皮の汚れを重点的に落とすイメージで指先を動かすということです。

髪は頭皮から生えているものですし、育毛シャンプーも頭皮、さらには毛穴までに届かないとその効果をちゃんと発揮してくれません。
ですから頭皮を指先で洗うように心がけましょう。
また指先を頭皮に当てる場合はあまり強すぎてもいけませんので、頭皮をマッサージするようなイメージでやさしく触れてあげるのがいいと思われます。
育毛シャンプーで頭皮を洗うときマッサージも行うと血行が良くなるのでさらに高い効果が期待できるそうです。
マッサージ法はこちらのhttp://www.epartnersolutions.com/kekkou.htmlに載っていますので、是非お試しください。

Copyright(C) 2013 髪の状態を健康に保つために必要な事 All Rights Reserved.